Hでエロいエッチ体験談告白動画

童貞・処女喪失、元カレ・元カノ・友達とのHなどライトな告白から主婦 乱交 スワッピング 人妻 浮気 不倫疑惑 不倫告白などヘビーな告白まで 秘密のエロいエッチ体験談や動画を公開します

2014年04月

コンビニバイトの女の子の送別会でエッチしてそのままセフレになった体験談

みなさんもそうだと思いますが私にもいきつけの近所のコンビニがあります。
今まではおっさん、おばさんに外国人の
店員しかいなかったのですが最近とてもかわいい子が入りました。
それからはコンビニに通う頻度も上がり
その子のシフトを調べましたが深夜は入らなかったですが夜遅番の日があることはわかりました。
そして夜遅番の日でお客さんも少なめの日を狙い撃ちして通うと本の羅列や棚卸しをしている時に
ちょくちょく話すくらいになりました。
その子は早織ちゃんという短大生で、黒髪で清楚な感じで色白で顔はどことなく
井上真央に似ているかわいい子でした。
もっと仲良くなっればいいなと思ってましたが店内で思いっきりナンパすることもできずまた帰りを待つような
ストーカー行為もできなかったのでとりあえず店に行ったら話すというのを楽しみにしていました。
そして半年くらい通ったころに
「今月でバイトを辞めるんだ」
といわれたのでもう会えなくなるなら当たって砕けろだと思い
「ええ~本当に??さみしくなるな~~じゃあ今日バイトが終わってから、送別会やろうよ」
と勇気を出して言ってみた。
そしたら早織ちゃんは、
「本当ですか?うれしいです」
と言ってくれたのでバイトの終了時刻を聞いて待ち合わせ場所と待ち合わせ時間を決めた。
待ち合わせ時間になると少し遅れて早織がやってきたが私服は初めて見るが薄手のスカートの早織は本当に可愛く見えた。
レストランに入って食事をしたが
「もうあえなくなるってさみしいね」というと
「コンビニのバイトけっこう楽しかったです。もっと続けたかった」といっていた。
続きを読む

誕生プレゼントにザーメンごっくんしてもらったエッチ体験談

僕の誕生日の翌日に、ずっと好きで狙っていた子(奏子ちゃん、戸田恵梨香似)
に割り勘で良いから二人っきりで祝ってもらえる約束をした。
その子は彼氏がいるのだが頼まれると断れない性格のようだ。
それで家の近くの飲み屋に行って、今年はお祝いしてもらえるから今までの誕生日の中でも一番だと言いながら
ぐいぐいぐいぐい何杯も完敗した。
そして顔が赤くなってきた頃に薄いワンピースの上から太ももをやさしくなでさすり
スカートをたくし上げ、パンティに触れたが拒否されなかった。
僕は彼女に抱きつき、そのまま押し倒しブラのカップを下にずらし乳首を口に含んだ。
そしてパンティの中にも手を突っ込むとビチョビチョになってる彼女のおまんこ。
「奏子ちゃんのオッパイ柔らかくて綺麗しおまんこもビチョビチョになってるよ」
というと
「恥ずかしいよ」
さらにはパンティーを下ろすと生のお尻が丸見えでした。
「奏子ちゃんのお尻もきれいだよ」
暫く沈黙が流れた後、奏子ちゃんを抱き寄せ、いまさらながらゆっくり舌と舌を絡めながらのディープキス。
舌と舌を絡めながらのディープキスしながらもう一度おっぱいを揉みしだく。
続きを読む

「こんなにおちんちん硬くしちゃって、先っぽもヌルヌルしてるわ」といって我慢汁を伸ばし始めた

俺は田舎に住んでいて終電ともなるとあまり人が乗ってこない。
平日などは自分一人の時もあるくらいの田舎だ。
先日終電に乗ってると酔っぱらったきれいなお姉さんが乗ってきた。
おっぱいがはみ出そうなので思わずチラチラ見ていると 「あら~何を見てるの~?」と近寄ってきた。
相当酔っぱらってるみたいだ。
そして 「電車でこんなことしたことある??」と言っておちんちんあたりをまさぐりだしてきた。
「ちょっと何をするんですか!?」とあわてたが、幸い他に乗客はだれもいない。
そんなに抵抗もしなかった。
ちなみにそのお姉さんだがスタイルが美しくて、突き出したおっぱいとお尻が魅力的で色気むんむんなタイプ。
するとお姉さんはますます積極的になってきてパンツの中にまで手を突っ込んできた。
「こんなにおちんちん硬くしちゃって、先っぽもヌルヌルしてるわ」といって我慢汁を伸ばし始めた。
俺は気持ち良くなりすぎて我慢できずお姉さんの頭が真ん前にあったのでお姉さんの耳にキスをした。
お姉さんはうれしそうな表情で俺を見て舌をからませてた。
舌をからませつつ、おちんちんだけでなく乳首もいじられる。
いっちゃいそうになるや終点の駅に着いた。
あーあー終わっちゃったと思っていたらそのまま駅の中にある トイレに引っ張り込まれた。続きを読む

彼女の実里と友達カップルも交えてスワッピングみたいな体験をした話

久しぶりに彼女の実里と友達カップルも交えて4人で部屋で飲みました。
実里は新川優愛似で友達の彼女の貴子は仲間由紀恵似です。
友達は明るくノー天気な性格なので俺たちがいいるのにお構いましで貴子といちゃつき始めました。
それに触発されてうちらも裸になって部屋中にチュパチュパといやらしい音が聞こえ始めました。
貴子ちゃんもノリのいい子で冗談なのか本気なのか、
「おちんちん見せろ~」って俺の方にからみだしました。そしたら友達が 
 「じゃあお前のおまんこも見せろよ」って言って、貴子ちゃんの両脚を開いて俺の方に向けました。
 俺も脱いで、貴子ちゃんにフェラチオされフェラされたままの状態で、友人が貴子のおまんこを舐めだした。 
実里も最初は呆然としていましたが、手マンをしてあげるとしっかりと濡れていて実里も
ひざまづいて友達のおちんちんをしゃぶりだしました。
自分の彼女が友人のおちんちんをしゃぶっているのを見るのは
不思議な感じがしました。
「実里ちゃん、見てごらん。彼氏が見ているよ」
と友達は実里の羞恥心を刺激するためかいやらしいことを口走りました。
「いやだ~見ないでぇ~」といいながらもフェラはむしろ激しくなっている。
そして口からおちんちんを抜き実里のおまんこに挿入しました。
続きを読む

何回もオナニーのネタにしていたサークルの先輩と公園でエッチした話

最近サークルの先輩でずっと狙ってた子が彼氏と別れたっぽい。
ずっとヤりたくてしょうがなく何回もオナニーのネタにしてたので
とてもうれしい。こないだサークルの飲みがあった時に酔っぱらった勢いで聞いてみた。
「先輩、最近元気ないですね~~~ひょっとして彼氏と別れたんすか??」
「やっぱり、わかる~~浮気がひどかったから」
「正直めっちゃうれしいです」
「ありがとう。おせじでもうれしいわ~~」
「おせじじゃないですよ~本当です」まさか何回もオナニーのネタにしてた話はしなかった。
「じゃあ今日はとことん飲みましょう~」
先輩もストレスがたまっていたのかさみしさをまぎらわしたいのかとても飲んだ。
そして飲み会が終わってみんなが店の前で騒いでいるときに
「先輩、ちょっと飲みすぎましたね~お茶おごりますよ~コンビに行きましょ~」といって抜け出した。
そして近くにある公園でふたりきりになるともうガマンできなくなって、うしろから抱きついた。
「ダメよ。まだ飲み会終ってないんだから」
「先輩~もう酔っちゃったよ~」ととにかくめちゃ酔っぱらったふりをした。
「どこ触ってるのよ~」と言いつつも、抵抗しなくなってきて受け入れ始めました。そしてキスをした。
「先輩~飲みすぎちゃった」と酔っぱらったふりをしながらお尻をさわった。
「やばいよ~誰か来るよ~~」嫌がっている感じはするが、抵抗は強くないので今度はおっぱいをもんだ。
続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文