数年前の夏の週末、会社の同僚(A子)に呑もうと誘われた。 
 当時俺は独身で、彼女は居たがあまりうまくいってない感じ。 
 A子は身長が高く性格は明るい方で、胸はマナ板。あまり気の進まない呑み会だったが、暇だった為行く事にした。 
 メンバーは俺と男の友人2人。A子と女の友人で「男3+女2」。待ち合わせの居酒屋に行くとA子とその友達が待っていた。 
 A子の友人(B子)は身長が低く、体型はやや細い感じで胸は普通(BorC)。 
 顔は凄くかわいい。(キレイじゃなくカワイイ!!プチ童顔) 
 俺はB子のお陰でテンションうp!盛り上げるだけ盛り上げた。 
 B子はちょっと前まで看護婦をしていたらしいが、諸事情により退職し、今は家事手伝いをしているらしい。年齢は俺の2つ上で、オネータンという訳でもなく、とにかく可愛らしい。(童顔だから) 
 男友人2人も俺ほどじゃないがテンションが上がっている。しばらくしてタバコが無くなった事に気付いた俺は「ちょっとタバコかってくる」と言い残し、席を立った。 
 一人で飲み屋街を歩いていると後ろからB子が走ってきた。 
 内心凄く嬉しかったが平静を装い「どうした?」と聞くと 
「あたしもタバコ無くなったから一緒に行こっ」 
 すぐ目の前に自販機があったが、俺の吸っているタバコは売り切れ。
B子のはあった。酔ってしまうとタバコなんて何でもいいんだが「別の自販機まで散歩しよう」といい、二人きりの時間延長大作戦。 
 別の自販機まで歩き、くだらない話をしながらの散歩は片道終了となった。 
 あとは帰り道のみ。そう考えながらダラダラとタバコを購入した。 
 そして帰り道を歩き出すと、目の前に若い男女が手を繋いで歩いていた。 
「いいねぇあのカップル。きっと幸せイッパイなんだろうよ」 
 みたいな事を俺が言うと、B子は何も言わずに俺の手を握った。 
「これで廻りからはカップルに見えるカナ?」なんて可愛らしい笑顔で言ってきた。 
「当然見えるでしょ?少なくとも俺はそう見られたいね。B子ちゃんとだったら」 
 そう言った。本当にそう思った。顔も可愛いが、そんな発想&行動がとても可愛く、新鮮に思えた。 
 するとB子は何も言わずに今度はキスをしてきた。 
 もちろんビビりましたとも。週末の呑み屋街で通行人が結構いる道路上で、しかもさっき出合ったばかりの二人が何も言わずに突然キス!?こりゃ脳天直撃のダメージ!!  
「ちょっ・・・ちょっと、イキナリどうしたの?俺は超嬉しいけど。」 
「タバコ買いに付き合ってくれたお礼だよ」・・・ヤヴァイ・・・可愛い。猛烈可愛い。 
「お礼って・・・俺がお礼するトコだろ?」 
「う〜ん・・・いーの。ほらっ みんな待ってるよ!早くいこっ!」 
 と俺の手を引く。  
 俺はやや呆然としながら席に戻った。 
 二次会・三次会と順調に終り、もう帰ろうかと道端で雑談中にB子に連絡先を聞いた。 
 携帯は持ってないらしい(家事手伝いだからしょうがないか)家の番号を聞き、「あとで連絡する」と言うと 
「うん!待ってる!親が電話に出るかもしれないけど気にしないでね。」 
 と言ってくれた。  
 そしてその日の呑み会は終了した。 
 家に帰り酔っ払いながらもB子の事を考えながら眠りについた。 
 ちなみにその時は、好きとか気になるとかじゃなく、「セックス」しか考えていない。 
 後日暇があり(いつも暇っぽかったが)B子の家に電話してみた。 
 運よく(?)B子が受話器を取ってくれた。 
「もしもし・・・俺だけど・・・」と言うと、 
「わーい!本当に電話してきてくれたんだー!ありがとう!」 
 と、喜んでくれている。 
 嘘か本当か・・・もしかしたら誰にでもこんな感じなのか? 俺はセックスしか考えてなかった為、そんな事はどうでもいい。 
 電話でくだらない話で笑いあい、1時間も話しただろうか? 
俺「こんなに話すなら会って話した方がいいんじゃね?」 
B子「あははは・・・そうだね。なんなら今から会おっか?」 
 もう喜んで・B子のマンコが拝めるカモと期待を胸に抱きつつ俺は飛んで行った。 
  
 待ち合わせ場所にB子が立っている。 
 やけにその日のB子はオシャレな感じがした。 
「何かこの前呑んだ時よりオシャレだね」と言うと 
「電話切ってからがんばってオシャレしたモーーーン」 
・・・相変わらず可愛い。もうたまらん。とにかく場所を変えようと車を走らせた。 
 まだエロ話もしていない状況からホテルに行こうとは言えず、ホテル近くの公共施設の駐車場に車を停めた。 
 しばらく車中で話し合ったが、専ら話題は先日の呑み会&友人達の話。 
 あの時なぜ俺にキスをしたのか聞くと、結構気に入ったから。と応えてくれた。 
 じゃあ気に入ったら誰にでもキスをするのかと聞くと、そんな事はないらしい。 
 そんな事は無いと聞きながらも俺はどうでも良かった。 
 とにかく美味しい関係に望んでいたから、嫉妬とかそんなのは無問題。 
 キス上等誰とでも上等!さー来いよし来いばっち来〜い!!! 
 するとB子が「(俺が)気になって少しでも気を引きたかった・・・のかな?」 
 と素直に白状。ちょっとキュンッとした。 
 ここからが本番。エロトークに華を咲かせ、車から出て散歩する事に。 
 目の前の建物(公共施設。何かは詳しく知らない)の窓から電灯の明かりが見える。 
 電灯の見える窓の死角にあるベンチまで誘導し、俺は腰を下ろした。 
「B子ちゃん。ちょっとこっちに来て」 
「ん?なーに?」と言いながら俺の目の前に立つB子。 
ここで俺は立ったままのB子の腰に手を廻し抱きしめた。 
「えぇ?どうしたの?突然」B子に嫌がる素振りは無い。 
 俺はB子の腹と胸の間に顔をうずめながら「ちょっとこのままいよう」と、今考えると恥ずかしいセリフで二人の動きを止めた。 
 顔はニヤついていたかもしれない。そして次に動いた時は二人でキスをしていた。 
 辺りはもう暗くなっている。二人でお互いを舌を出しては吸い、絡ませては離れ、長い時間キスをしていた。 
 俺のティンコはもうパンパン。彼女とキスなんかしてもピクリともしないのに、相手が変わり興奮するとこんなになるものかと思った。 
 もしかしたら汁まででてたかも? そして俺が「えっちしよっか?」と聞く。 
 もう俺の考えでは「・・・ぅん」(恥ずかしそうに)というシナリオしか考えられない。 
 しばらくすると「今日はダメ。」 
?!?!?!?!?!?!?!? 
 ハァ?何言ってんのコノ女 
 俺の股間を見てから言えよ!可愛い顔しやがってよー!! 
俺「なんで?なんでぇ〜?」 
B子「えぇ〜と・・・してもいいんだけどー・・・・・・・・・ 今日しちゃうとあと会ってくれないでしょ?」 
 フム・・・一理ある。しかし一回で終わらせてたまるか! と思い、 
俺「そんな事ねーよ!絶対そんな事ない!」 
B子「多分もう会ってくれなさそうだから・・・だから今日はダメ。いい?」 
 この時俺はもう諦めた。次に?げようとする気持ちにチョット惚れたかも。 
俺「解った。んじゃ今日は何もしない。でも次があったら期待してます」 
 こうして2回目の再開は終わった。 

 もうね・・・こうなると寝ても覚めてもB子の事しか考えられなくなっていた。 
 これってもしかして恋? 
 もう耐えられなくなり、次の日速攻で電話した。そして会う約束を取り、待ち合わせ場所へ。 
 彼女はもう待っていた。 
 昨日言った「次は期待してる」と言うのを二人とも意識しすぎて、二人で照れ笑い。 
 普通に「んじゃホテル行っていい?」と聞くと 
「  う  ん  。  」(照れ笑い) 
 やっと来ましたこの瞬間。まー待て落ち着け俺。必死に喜びをこらえてても顔はニヤニヤニヤニヤ。B子が言う「顔エロぃょ〜w」 
 当然ですよ先生!当たり前じゃないですか。 
 会話そっちのけで妄想モードに突入。普段の俺ならもう入れて腰振って終わるんだが、今日はどう攻めるかなどと考える余裕がある。 
 そしてホテル到着。まず風呂に湯を張り、室内を鑑賞。そして一通り見回った所でベッドに手招きした。 
 照れ笑いしながらB子はベッドに座った。 
 無言で優しく押し倒す俺。そしてレロレロヂュプヂュプのキス。B子の吐息が荒くなり、俺の吐息も荒くなる。 
「・・・・ンフッ ・・・・・ん ・・・・・・ぁん」 
 みたいな喘ぎ声と吐息の中間で俺も萌えまくり。 
 このまましたい衝動に駆られるが、なんせ俺は汗くさい・・・と思う。 
「もうお風呂いいんじゃない?」 
 B子に言われてティンコ立ったまま立ち上がり 
「ほら!これ見て!」と股間を指差すと、 
「うわっ!おおきぃ〜」と撫でて来た。 
(俺のが大きい訳じゃなくて”勃起してる”という意味ね) 
「あぁぁぁ!!出ちゃうからダメッッッ!!!」 
 と笑いながら脱衣場に走り服を脱いで風呂に入った。 
 ホテルの便所は使うのヤダから風呂場で放尿し、セッセと体を流して風呂を出た。 
(当然湯船に陰毛が浮いてないかもチェックしましたよ先生!) 
 そしてB子に「風呂どうぞ!」と言うと「・・・うん。見ないでね。」だと。 
 今見ても後で見ても一緒だろうがよ!!!と思いつつ「ハイハイ」と余裕の素振り。 
 しかしB子が風呂に入ってシャワーの音が聞こえた瞬間、照明をやや落としつつコンドームの位置を確認しつつ、ティッシュで鼻ホジホジして待った。 
 B子はバスタオルを体に巻いてあがってきたが、照明を落としている為にさっきより暗い。 
「えぇ〜暗いよ〜」なんて言われたんで即照明全開! 
 すると今度は恥ずかしがって「やっぱり暗いほうがいい。」もう気にしません。近づいて来た所を、腕をつかみ半ば強引にベッドに投げつけた。 
 そして無言のままマタマタベロベロチュー再開。 
「ぁん・・・・ハ・・・ハァ・・・ング・・・」(思い出して今勃起してます俺・・・鬱) 
 さっきよりも確実に興奮している。 
 バスタオルを剥ぎ取ると推定Cカップの形のいいオッパイと小さい乳首が露になった。 
俺「おっぱい舐めていい?」 
 B子は無言で目を閉じている。 
 乳首を舐めずに乳輪をくるくる舐め回し、右 そして左 と乳輪のみを舐め続ける。 
「ぁん・・・ぁぁぁ  んふぅ  ぁぁああん」 
 B子の声は次第に大きくなっていく。 
「もうお願い。舐めて」 
 俺が焦らして焦らして「どうして欲しいの?」って聞く予定が先に言われてしまった。 無言のまま乳首に舌先を近づけていく。 
 乳首に舌が触れるか触れないかの時、 
「はぁん・・・あぁぁぁ  あああぁぁぁん」 
 B子の声がでかくなった。もう止まりません。乳首集中攻撃で「あんあん」喘いでるB子。 
 右〜左へと交互に乳首を貪る俺。 
 B子が「あぁぁぁキモチイイ もっと・・・」と言った。 
 エッチの最中に「きもちいい」と「もっと」なんて聞いた事が無かった俺は興奮度MAX! 
 右手をヘアーの方に忍ばせる。もうね・・・トロトロ。こんなにかい!?こんなに出てくるモンなのかい!? 
 という位トロトロになっていた。 
「下も舐めさせて」とB子を寝せ、マンコに専念。 
 栗の周りをレロレロと舐め回し(乳首の時と同じに) 
 彼女はメチャ感じている。 
 アナルとマンコの間を舐めると愛液が流れている。素直においしい。そう思った。 
 足を持ち上げてアナルに舌を向けると「ぁぁあああん!!ダメェ!そこはダメ!」と足を閉じようとする。 
 力を入れて足を無理やり開き。アナルを舐め回すと 
「ぁん・・スッゴイきもちいい・・・・ぁぁ・・・ぃぃ・・・いいいい!!」 
 気持ちいいんでしょうなそりゃ。そして攻守交替。 
 彼女が俺の乳首から攻め始めた。俺は乳首なんて舐められた事なかったからビビるほど感じた。男でも乳首って最高だなヲイ! 
「あーーーーキモチイイよ」なんてAV男優みたいに喘いでた。 
 そしていよいよフェラ開始。最初は裏筋をレロレロしている。 
 もう俺のティンティンはビクビクいっている。そしてカポッ・・・と。 
 初めてあんなにフェラで感じた。涎まみれのティンコ&B子の手。 
  
 口と手の奏でるハーモニー&バキューム&トルネード!!! 
 もう1分もしないうちに「もう入れていい?」って聞いちゃった。 
 だって・・・出そうだったんだもん!!!!! 
「うん。」 
 B子を寝せて正常位で挿入。しようとしたが俺は大人になっていた。 
 亀頭の裏で栗を擦ったら「あああああああん!!!ああああああああ!!!!!」 
 感じることビックリ。そのまま弄ってたら「ぁぁぁん・・・いっちゃうょー」 
俺「だーーーめっ!!」ニヤリ  
 焦らすのはガキにはできないな。 
 そしてやっと挿入しました。もうトロトロで何の摩擦もなく挿入完了。 
 すっげえええええええ気持ちいいーーーーーーーーーー!!! 
 マジで俺「あぁぁぁぁ・・・キモチイイィィィ・・・あああぁぁぁぁぁ」なんて喘いでたよ。 
 ゆっくりゆっくり腰を振ると結合部からヌチョヌチョとエロい音が聞こえてくる。 
 その時、、、、、、、、、ビビた。 
 彼女が俺の腰振りに合わせて腰を振っているではないか!?!?!? 
 こんなの初めてですよ・・・俺。 
 もう興奮しまくりで速攻出ちゃいました。 
 ヘタレと思われながらも2回戦突入でバックしましたが、バックでも腰振ってきた。 
 また完敗。結局その日は5回しました。(俺の最高記録。今じゃ1回が限界) 
 交尾後にベッドで裸のまま話していると、B子には彼氏がいるらしい。きっとその彼に数々の技を仕込まれたんであろうと思った。 

 俺にも彼女が居たんでどうでも良かったはずだが、何故か面白くない俺。 
 あれ?あれれ?何イライラしてんの・・・俺? 
 自分でも解らないままホテルを後にし、そのまま解散。 
 家に帰ると速攻で電話が来た。B子だ。 
「なんで怒ってんの?」と言われて素直に気持ちを話した。 
 俺には彼女もいるし、B子に彼氏が居ても構わないと思っていた。・・・が 
 実際聞いたら何故か嫉妬してしまった。俺も自分で何を望んでいるのか解らない。と。 
 B子は「このままでいよう。自分も彼氏と別れる事は出来ない。」と言ってくれた。 
 俺が最初から望んでいた「美味しい関係」な訳だが、なぜか苦しんでいる俺。 
 もう彼女と別れようと思った時もあった。しかしB子は俺とは付き合えない。苦しいながらも彼女と別れずにB子との関係は続いた。 
 何回会っただろうか?何回セックスしただろうか? 
 交わる度に彼女が果て、俺も果て。一晩に何回も何回も。 
 会っては交わり、終わると「またね♪」と言い帰る。 
 本当に美味しい関係。割り切った関係。 
 しかし、次第に俺の気持ちはB子に向いて行った。 
 会うのが楽しみでしょうがない。会いたくてたまらない。 
 いつも「メシでもどう?」と聞くと「いーよ。お腹空いてないし」と付いてこない。しかし会おう、と言うと必ず来てくれた。ホテルに。 
 そんな関係が続き3ヶ月が経った頃、疑問が生まれた。 
「彼女は生理がないのか?1週間会ってない時無かったジャン?」 
 その事を聞くと、嘘なのか本心なのか解らないが、 
「Tクン(俺)と会いたくて会えない時間があると嫌だったから、婦人科行って生理を止める薬を貰ったの。生理痛がひどくてどうしようも無い。って言えば貰えるんだよ。だから生理は最近来ないの。」 
 俺、呆然。そこまで俺の事思ってんなら付き合えばいーんじゃね? 
 俺もその頃はそれを望んでいた。でもB子は「彼氏とは別れられない」と言っていたのを思い出し、何も言わなかった。 

 もうB子を好きで好きでしょうがなかった。 
 その日もいつも通りにセックス。ただいつもとは違った。 
 彼女が先に果て、俺が果てようとした時・・・ 
「ぁぁぁぁああああああああああ!!!!お願い!!中に出してぇぇ!!おねが〜ぃ・・・・・ぁぁぁぁあああ中にぃぃ〜〜!!!」 
 俺は中出しするつもりもなく、ラストスパートした後抜こうとした。 
 しかしB子の足が俺の腰を押さえつけている。!?!? 
「ぁぁぁぁぁああああああああイク・・・・・!!!!」  ドクッ   ドクッ 
 B子の中で果てた。 
 生理を薬で止めているから妊娠はしないらしい。すっかりその言葉を信じ、それからは毎回中で果てた。 
 今までより一層愛しく思え、ずっと関係が続くと思っていた。 
 また3ヶ月程経っただろうか。 
 ベッドの上で話してた時にB子が言った。 
「今月いっぱいでさよならしよっ!」 
 マジで固まった。何も言葉が出てこなかった。 
 俺の事を想ってくれていると信じていただけに、その明るく言う言葉が信じられなかった。彼女は更に続けた。 
「実は彼氏と来月結婚する事になってるんだー!結婚しちゃうと、もうこういう関係は出来ないからねー!」 
 明るい。なんで?やっぱ遊びだったんだね。 
 俺も最初は遊び。というより”美味しい関係”を目指していたが、実際そうなった今、俺はB子を好きになってしまっていた。 
「Tクン?聞いてる?こればっかりはしょうがないからねー!」 
 俺は必死にカラ元気を振り絞り、 
「おぉ〜遂に結婚かぁ〜?おめでとう!!!主婦がんばれよ〜!!!」 
 何とか笑顔で言えた。この日はもう落ちるだけ落ち込んだ。 
 それから仕事も手につかず、数日経った。 
 最後に会える月末が来た。彼女は俺にイロイロ言ってきたが、俺との別れは全然平気のようだ。俺が遊びで迫った関係だったが、俺の方が必死になっていた。ミイラ取りが何とかってやつかな? 
 その日のセックスは最高に燃えた。お互い別れの話は一切しないで、無言で何回も何回も愛しあった。愛があったのは俺だけと思っていたが・・・ 
 そして服を着て部屋を出ようとした時、彼女の動きがおかしい。ベッドで俯いて動かない。いくら読んでも動かない。近づいていくと・・・・・ 
 号泣して声を押し殺していた。 
 必死で抱きしめた。 
 俺も糸が切れた様に一気に号泣した。 
 B子は泣きじゃくりながらも必死に俺に言う。 
「最初はいい男と思ったが、会う度に惹かれていった。自分の体が目当てかとも考えたが、こういう関係でも一緒に居たかった。しかしTには彼女が居た為に、別れてきてなんて言えなかった。自分は心はTクンに惹かれていたが、彼氏と結婚する準備が整いつつあった。B子の親や彼氏の親で話がどんどん進んでいった。断ろうにも断れなかった。 断りたかったけど、結局無理だった。」 
 俺は必死に「俺今から彼女と別れてくるから結婚するなよ!!!」と説得を試みたが、 
「もう遅いよ。。。1ヶ月前に言ってくれれば良かったのに・・・・・」 
 お互いがこんなに好き合っていても一緒になれないなんて事があるものか!と悔やんだ。二人で朝まで泣いた。初めてで最後のホテルからの朝帰り。 
 俺はB子の家の電話番号を消した。 
 B子も俺の番号を書いている手帳のページを切り捨てた。 
 お互いに決めていた最後の言葉。いつも通りに 
「じゃあ またね♪」 
 それから一回も会ってない。今は子供でも産んでいい主婦になっているであろう。 
 俺はその半年後に今の嫁と出会い、交際を始め、去年結婚した。 
 A子は俺達(B子と)の関係が始まってすぐ寿退社し、子供を産んだ。 
 今でも街を走ってて、似た感じの女性を目で追っている俺。 
 そろそろ忘れかけた思い出です。