Hでエロい秘密のエッチ体験談告白白書

童貞・処女喪失、元カレ・元カノ・友達とのHなどライトな告白から主婦 乱交 スワッピング 人妻 浮気 不倫疑惑 不倫告白などヘビーな告白まで 秘密のエロいエッチ体験談告白します

複数プレイのH/エッチ体験談

複数プレイのエロ動画のおかげで楽しかったエッチ体験談

僕達は中学の卒業式を迎えた。中学時代は一番変化があった時でした。 
チン毛が生えた。皮も剥けた。オナニーを覚えた。動画で初めて女性のオマンコやエッチな行為を見た。
実際に2人ものオマンコを直に見て、触って、舐めて、指を入れて、オチンチンを入れた。
オチンチンを触ってもらって舐めてもらい口内射精までし飲んでもらった。中出しもした。 
なんと言っても2人のバージンを貰ったことが一番でしょう。今、思うとすごい事だと思いました。

卒業式、久々に美里の姿を見た気がした。明日香の姿もありました。
二人とも最後のセーラー服姿なんだなぁ~と思いました。
卒業式が終わり女子の半分は泣いて美里も明日香も泣いていました。 
坂田、山川、北山、三島としゃべっていると美里と明日香がやってきました。
明日香だけが違う学校に行ってしまい、しかも全寮制なのでなかなか会うことも出来ないと、
みんなで別れを惜しみました。 
5日ほど前に明日香とセックスしたのが嘘のようだった。明日香も僕も普段と変わりませんでした。 
どちらかと言うと美里の方がなんとなく僕を避けているように感じました。 
みんなで明日香とツーショットで写真を撮った。
僕との時だけ明日香が腕を組んできて皆に茶化されたのを覚えています。 
解散の時、明日香と美里は泣きながら別れを惜しんでいました。

今日は卒業式ということもあり、みんな家で何かあるらしく見事に各自の家に散っていきました。 
僕の家でも母は仕事を休み夜はお祝いすると言っていました。 
夜に家で卒業のお祝いをしてもらいご馳走を食べて、部屋でのんびりしていると母親が来て
「美里ちゃん来てるよ。早く降りてきなさい」僕は急いで階段を駆け下りました。 
玄関に美里が立っていました。夜にうちに来るのは初めてだったので驚きました。 
「話をしたくて・・・」と美里が言うので部屋に行くことにしました。 
話とは明日香とセックスした日のことでした。あの日、実は美里は戻ってきたそうです。
部屋の前来ましたが僕と明日香がまだセックスの最中だったらしく、
しばらく部屋の前で座って待っていたが急に涙が出てきて、
そこに居るのが辛くなり家に帰ってしまったそうです。 
自分の気持ちがわからないと言い、しばらく僕とは2人だけでは会わないようにする。
僕の家にも来ないようにすると言いました。

高校生活が始まり、運よく坂田、山川、北山、三島と僕は同じクラスになりました。
美里とは違うクラスでした。美里とは、たまに学校ではみんなと一緒に前のように話します。
ブレザー姿の美里は一段と可愛く、少し大人に見えました。
美里はもてるようでいつも周りには男が寄ってきていました。 
それを見るとヤキモチを妬いてしまうので、なるべく見ないようにしました。 
毎晩のように美里とのセックスを思い出してオナニーしていました。
たまに明日香とのことも思い出してしました。

高校生活が2ヶ月ほどたった頃、坂田、山川、北山、三島と一緒に居るときに
山川から驚くような話を聞きました。昨日、部活の帰りに美里とラケットを見にスポーツ店に行ったそうです。
中学でもそうでしたが高校でも山川と美里は同じバドミントン部に入りました。
そのスポーツ店の帰りに山川が美里を家に誘って美里を襲ったというのです。 
襲ったと言っても、悪戯半分でオッパイを触ったりしてるうちに山川が我慢できずに
押し倒しキスを迫りながらバドミントンのTシャツを捲くりブラジャーを上にずらし
直接オッパイを揉んだらしいです。 
美里は必要以上にキスを拒み唇と唇が触れる程度だったらしいですが、
耳や首筋にキスしたり舐めたりしながらオッパイを揉んで乳首を指に挟み、コリコリと動かすと、
美里の力が抜けて息が荒くなってきたと・・・
そして太ももに手を持っていき短パンの裾から手を入れようとした時に蹴飛ばされ、
我に返って美里に「ごめん、我慢できなかった」と謝ると、服を直しながら
「いいよ、寄った私も悪かった思わせぶりだよね」と美里は言ったそうです。
「俺のこと嫌になっただろ?」と聞くと「こんなことで山川のことは嫌にならないよ。
山川もそうだけどカズも坂田も北山も三島もみんな親友だから。
でも無理やりこんなことするのは嫌だよ」と言ったそうです。
「脈ありかな?」と山川は聞きましたが、僕は「いや、美里には恋愛感情はないよ」と言いました。
他のみんなも「そりゃそうだ。脈あるならその時抵抗しないって!」と言ってました。 
その後、どうやったら美里を落とせるかみんな話していました。
そして中学の頃、美里や明日香のオッパイを見た話になり、
坂田も二人のオッパイや乳首を触ったのが忘れられないと言っていました。
僕も心の中で美里や明日香とのセックスや体を思い出し勃起させていました。
続きを読む

彼女の実里と友達カップルも交えてスワッピングみたいな体験をした話

久しぶりに彼女の実里と友達カップルも交えて4人で部屋で飲みました。
実里は新川優愛似で友達の彼女の貴子は仲間由紀恵似です。
友達は明るくノー天気な性格なので俺たちがいいるのにお構いましで貴子といちゃつき始めました。
それに触発されてうちらも裸になって部屋中にチュパチュパといやらしい音が聞こえ始めました。
貴子ちゃんもノリのいい子で冗談なのか本気なのか、
「おちんちん見せろ~」って俺の方にからみだしました。そしたら友達が 
 「じゃあお前のおまんこも見せろよ」って言って、貴子ちゃんの両脚を開いて俺の方に向けました。
 俺も脱いで、貴子ちゃんにフェラチオされフェラされたままの状態で、友人が貴子のおまんこを舐めだした。 
実里も最初は呆然としていましたが、手マンをしてあげるとしっかりと濡れていて実里も
ひざまづいて友達のおちんちんをしゃぶりだしました。
自分の彼女が友人のおちんちんをしゃぶっているのを見るのは
不思議な感じがしました。
「実里ちゃん、見てごらん。彼氏が見ているよ」
と友達は実里の羞恥心を刺激するためかいやらしいことを口走りました。
「いやだ~見ないでぇ~」といいながらもフェラはむしろ激しくなっている。
そして口からおちんちんを抜き実里のおまんこに挿入しました。
続きを読む

姉妹揃っての3Pで思ったことはやっぱりおまんこの形や感触は姉妹似ているなということです。

俺はこじんまりとした飲食店で働いているが知美という倉科カナちゃん似の常連客がいます。
こっそりサービスでドリンクを出してあげたりして仲良くなりました。
で、よくメールのやり取りをするような友達になりました。そしてある日
「今お姉ちゃんと2人で飲んでるの来る?」とメール来たので
「もちろん、いくいく。」と返しました。
家に遊びに行くのは初めてだったのでドキドキしました。家に行くと結構酔っぱらってました。
姉・瑠美さんは本仮屋ユイカ似でタイプは違いましたがこれまたかわいい子で看護師をしているようです。
飲みながら酔いが回り調子に乗っていると
「ナースってやっぱりエッチなの??」と定番の質問をしてしまいました。
「エッチかどうかは別にして性器を触ったりするのは抵抗ない人多いかも」
と笑顔で答えてくれました。
「風俗とかエロ動画も白衣のコスプレ多いしやっぱナースは人気ですよ~」と話すと
「えーっじゃ白衣着ようかな??」
「えっあるんですか??」
「あるよーー」
そして瑠美さんは白衣に着替えてくれた。
「どうムラムラしちゃう?」
「やばいっす」
そしてさらに飲みは盛り上がると
「知美もきてみれば??」と言って大胆な脱ぎだして可愛い淡いピンクのブラ、パンティーだけの姿になった。
ブラからはおっぱいが少しはみ出ている。けっこうな巨乳だ。
「お姉さんおっぱい大きいですね~」というと
「知美はもっと大きいよ~」
「ええええ~知美ちゃんそんなに大きいの?脱いで脱いで~」
「えーじゃあ豪くんも脱いで」
「えー俺は何を??パンツ??」
と大騒ぎの二人に素っ裸にされた。
続きを読む

今度は揉まれるだけでなくピンク色の乳首を吸われはじめました。 気が付くと遥さんはM字開脚状態にされパンティーが丸見え状態でした

先日バイト先の女の子が一人結婚でバイトを辞めることになり仲のよかったみんなでお別れ会をやりました。
バイトを辞める遥さんは剛力彩芽が髪をロングにした美人で
バイト仲間に人気があったので正直みんなショックでした。
カラオケでかなりどんちゃん騒ぎしていたのですが遥さんもう最後だからかかなり飲んで歌って踊ってました。
そして暑くなったのか上着を脱ぎTシャツ一枚になりました。 
みんなが「結構おっぱい大きい~」と言うと 
「毎晩彼氏に揉まれてますから~」と明るく返してきました。
「どんな風に?どんな風に揉まれてるの?」と、聞くと
「こんな感じ~」と自分でおっぱいを揉みだしたのでカラオケボックスがエロい雰囲気になっていきました。
「こんな風に?」調子に乗って一人が遥さんのおっぱいをもみました。
「もう~」あまり怒ってなかったのでみんな次々ともみだすとブラが外れてきれいなピンクの乳首の
おっぱいがあらわれました。もうみんな興奮状態です。
「どんな風に吸われてるの?」
今度は揉まれるだけでなくピンク色の乳首を吸われはじめました。
気が付くと遥さんはM字開脚状態にされパンティーが丸見え状態でした。
続きを読む

別の日にもうひとりの男友達もよんで4Pしたこともありました。私のことは性奴隷かセフレくらいにしか思ってないようです。

彼氏と思ってた彼が完全に私のことを性奴隷というかセフレとしてしか考えてなかったんだと思ったエロ話です。
もともと合コンで知り合ってその日のうちにやっちゃったのもダメだったのか会えばエッチするだけでした。
私もセックスは嫌いな方ではないのでそれでもいいと思ってました。セックスも上手でしたし・・・・・
最初は普通にエッチしてましたが、だんだん彼の欲求が激しくなり、
「高校時代の制服を着てこい」
「パンティをはかずにノーパンで外でセックスしよう」
とかどんどんエスカレートしていきました。そしてついにある日今男友達と飲んでるからおいでと言われました。
最初は普通に飲んでましたが酔っ払っうにつれ
「こいつおっぱいでがいだろ」
と言って、友人の前で後ろからおっぱいを鷲掴みにしました。
「大きいね~気持ちよさそうだね~」
と友達がいうと
「お前ももんでいいよ」
といって羽交い絞めにされました。
友達がおっぱいをもむとを
「下もさわっていいぜ」
と彼が言いました。
抵抗できない状態でスカートの中に手を入れてしましたが私は感じてしまってました。
それを見てると彼はとても興奮してきたみたいで
「じゃあ次はフェラチオね」
と言っていきなりズボンを脱ぎ出しました。
友達にしつこく乳首を責められて物凄く感じていたのでむしゃぶりつくようにフェラチオしました。
「欲しくなってきちゃった」
「何が欲しいんだい?大きな声でちゃんと言ってごらん」
「おちんちんをいれてください」
「どっちのおちんちんが欲しいんだい」
「あなたのおちんちんです」
「けどそれじゃこいつがかわいそうじゃん、こいつのも入れてやれよ」
「両方のおちんちんが欲しいです」
そういって人生初の3Pを経験しました。
騎乗位をしながら友達のおちんちんを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているようでした。
私も興奮して負けずと唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭をレロレロいやらしく舌で転がしました。
正直友達のおちんちんの方が相性があいました。
「どっちのチンコが気持ちいいんだ」
と聞かれましたが
「両方です」
としか答えらえませんでした。
3P中もクリや乳首をいじったりしていて、完全に淫乱だな私と思ってました。
挿入部分を見られているのがこんなに興奮するのだと初めて知りました。
このあと別の日にもうひとりの男友達もよんで4Pしたこともありました。
そしてその男友達から彼には本命の彼女がいると聞かされました。
私のことは性奴隷かセフレくらいにしか思ってないようです。
メッセージ

名前
メール
本文